Top >  長距離種目のトレーニング >  マラソンランナーは乳酸をためるな!

マラソンランナーは乳酸をためるな!

 マラソン・トライアスロン・自転車競技のような長距離持久系・有酸素運動のトレーニングでは、「乳酸をできるだけ蓄積させない」ことが大切です。 乳酸濃度を高くしないでも維持できるペースを可能な限り高めることが、あなたの基本スピードを上げて、能力を高めます。

 持久系スポーツの選手の人は、駆け引きの時の一瞬の切れ味やスパートの速さも確かに大切ですが、それよりも大切なのは「基本スピード」。 いいですか? 基本スピードがなければ、いずれライバルに置いていかれます。 まずは長時間、乳酸をためずに高いスピードを維持する力を身につけましょう。

持久系スポーツ

 乳酸の蓄積を避けるために一番大事なことは、乳酸の元となる糖質を可能な限り使わないことです。 その代わりに、乳酸を発生させない脂質をエネルギー源として利用できるようなトレーニングのアプローチが基本です。 脂質は酸素が十分にある状態で初めて燃焼されますから、有酸素トレーニングをしっかりと行うことがポイントです。

 ロング・スロー・ディスタンス(LSD)と呼ばれるトレーニングは、長距離系のスポーツの基本中の基本ですが、ゆっくりとしたペースで、長時間、長い距離のトレーニングは、酸素を十分に取り入れながら、運動の刺激をできるだけ長時間受け続けるために最適な方法です。 酸素が十分にあるので、脂質を燃焼する能力を高めることができるのです。

持久系スポーツは乳酸をためるな

 しかし、長距離の競技でも糖質は利用されます。 なので、有酸素運動でも乳酸は発生します。 発生した乳酸を蓄積しないために、乳酸の酸化能力を高め、乳酸を速やかに燃焼できるようなトレーニングが効果を発揮します。  このトレーニングもはやり有酸素運動です。 ただし、同じ有酸素運動といっても、ある程度強度が高いほうが糖質を多く消費し、乳酸を発生させやすくなりますので、LSDよりも時間は短めで、ペースは速めのトレーニングを行います。

  次のページ

長距離種目のトレーニング

関連エントリー

マラソンランナーは乳酸をためるな! バケツ理論と長距離系乳酸トレーニング

 「バケツ理論-誰も知らない乳酸とスポーツのヒミツ」はリンクフリーです。 あなたのブログやサイトからご自由にリンクしていただいて結構です。