乳酸 トレーニング スポーツ

バケツ理論-誰も知らない乳酸とスポーツのヒミツ

乳酸,トレーニング

このエントリーをはてなブックマークに追加  
スポーツに大敵と言われる乳酸。
最新の運動生理学によると、実は乳酸はエネルギー源だった!
乳酸を知り、科学的にトレーニングを行うことが勝利の近道です。
無酸素運動の短距離系、有酸素運動の長距離系、その複合の球技系と、スポーツ種目ごとに乳酸トレーニングの方法を「バケツ理論」でわかりやすく説明します。
科学的トレーニング方法で、ライバルに3歩差をつけましょう!

乳酸トレーニングの理論

乳酸と糖質・脂質

例えば腕立て伏せを何回も連続して行ったとき、だんだんと腕や胸の筋肉がカーッと熱くなったように感じ、それ以上続けるのが苦しくなりますよね?あるいは100m走を全力で走っ...

乳酸がなぜ蓄積するのか?

筋肉は糖質を燃焼(代謝)して運動のためのエネルギーを作り出します。 糖質を燃焼すると水と二酸化炭素になり、それと同時に運動のエネルギーを造ります。糖質代謝は2つの段..

速筋線維と遅筋線維

運動生理学に多少でも興味のある人ならば、「スプリンターには速筋線維が多く、マラソン選手には遅筋線維が多い」ということを聞いたことがあるでしょう。私たちの筋肉は、筋線...

バケツ理論で乳酸蓄積を知る

糖質を解糖系代謝で分解して乳酸をつくり、さらに乳酸を酸化系代謝で酸化して、運動のためのエネルギーを生み出すプロセスは、「バケツに水を貯める」ということをイメージするとも...

乳酸を蓄積させない3つの方法

バケツの水をあふれさせない、つまり乳酸濃度を上げないための方法はいくつかあります。その方法について考えてましょう。水道の勢いを弱くする  これは運動のエネルギーとして...

乳酸はエネルギー源だ!

これまで、乳酸は疲労物質として考えられ、乳酸の蓄積にいいところは何もないと考えられてきました。ところが、近年のスポーツ生理学では、乳酸について全く新しい考え方が生まれて...

長距離種目のトレーニング

マラソンランナーは乳酸をためるな!

マラソン・トライアスロン・自転車競技のような長距離持久系・有酸素運動のトレーニングでは、「乳酸をできるだけ蓄積させない」ことが大切です。乳酸濃度を高くしないでも維持で...

バケツ理論と長距離系乳酸トレーニング

では、バケツ理論によって乳酸という面から持久系スポーツのトレーニングのアプローチを考えて見ましょう。まず長距離走などで一番大事なことは、乳酸発生の元となる糖質をでき...

短距離種目のトレーニング

スプリンターは乳酸を出せ!

長時間のスポーツでは「乳酸をできるだけ蓄積させない」ことが大事ですが、反対に400m走までの短距離走では「いかにたくさんの乳酸を発生させるか」という能力が大事です。...

バケツ理論と短距離系乳酸トレーニング

では、バケツ理論によって乳酸という面からトレーニングのアプローチを考えて見ましょう。  まず短距離系では第一に絶対的な出力を高めることが大切です。トレーニング面では解糖...

球技系種目のトレーニング

球技系スポーツと乳酸

短距離・長距離のどちらにも属さない、主に球技系のスポーツの場合はどうなのでしょう?球技に限らず、大体3分以上の競技時間があり、そのなかであるときは全力で動き、あるときは...

バケツ理論と球技系乳酸トレーニング


結局、全力で動くときと、そうでないときのメリハリがある球技系のスポーツでは、耐乳酸能力と乳酸酸化能力の両方をバランスよくトレーニングすることが大切なのですが、このことを...

乳酸Q&A

乳酸に関するよくある質問

乳酸がたまると筋肉痛になるのですか?  激しい筋トレを行うと、次の日にはあちこちの筋肉が筋肉痛になってつらいですね。 しかし、これは乳酸の蓄積のせいではありません。 筋ト...

サイト情報&リンク集

サイト作成者自己紹介

こんにちは!「誰も知らない乳酸とスポーツのヒミツ」記事作成者のヤンといいます。 学生時代、運動生理学を勉強していました(運動生理学の研究で修士号を持っています)。 現在...

リンク集

トレーニング科学・運動生理学・スポーツに関するサイトへのリンク集です。

 

「バケツ理論-誰も知らない乳酸とスポーツのヒミツ」はリンクフリーです。
あなたのブログやサイトからご自由にリンクしていただいて結構です。
このエントリーをはてなブックマークに追加  


自分の筋肉の遺伝的性質を知ることは、向いている種目の選択や、効率的なトレーニングのために有効です
スポーツ遺伝子検査